メノッティのオペラ「電話」プロポーズしたいのに‥

メノッティ「電話」というオペラを見てみました。

メノッティっていう作曲家ってどれくらい知られているのかな?。

アメリカオペラには必ずメノッティの名前が出てくるんですけど、実はメノッティのオペラを見るのは私は初めて。

その印象と感想はというと、「電話」だけをみると明るい歌芝居という感じでした。

素人目にはミュージカルでも良いんじゃない?という感じ。

でも他の作品はちょっと違うのもあるんですよね。

メノッティってどんな人?

アメリカのオペラというとガーシュインの「ポーギーとベス」がまず浮かぶんですけど

オペラの本を見ていると、アメリカオペラにはガーシュインよりもメノッティのオペラの方がたくさん出てくるんですよね。

オペラ好き以外にはほとんど知られていないんじゃないかなって思うんですけど‥。

アメリカってオペラの歴史からすると新興国ですよね、日本と同じで。

オペラはやっぱりヨーロッパ、特にイタリアから始まってますし、アメリカはオペラというよりミュージカルっていうイメージが強いと思うのです。

ポーギーとベスの初演は1935年だし、メノッティの「電話」も1947年初演

オペラとしてはすごく新しい現代の作品なわけです。

オペラを見るならやっぱりヴェルディとかモーツァルトとか、プッチーニとか

もう少し古いものの方がなんとなく伝統があって、いかにもオペラっていう感じだし

そっちの方がいいんじゃないかっていう気がしちゃって、どうしてもそっちに走っちゃうんですよね。

新しいオペラは興味ない!とりあえず今はいいや!っていう感じでした。

実際のところ、ヴェルディとかプッチーニあたりの公演が多いですしね。

そもそもオペラの上演ってそんなには多くないので、何十年かかってもそれほど生では見られないです(チケットも高いですから‥笑)

でもって、ようやく今頃になってアメリカのオペラを見てみようかなあっていう気持ちになってきました。

これって遅いのかもしれないけど、オペラの楽しみ方は人それぞれだから、まあ良いですよね。

さて、メノッティってアメリカオペラに出てくるからアメリカの作曲家だって勝手に思っていたんですけど

よくよく見るとイタリア生まれなんですよね。1911年ロンバルディア州の生まれなのです。

それを聞いて「なるほど、だからミュージカルじゃなくオペラなのね」とまず勝手に思う私。

2007年に亡くなっているということはつい最近までお元気だったわけです。

亡くなった場所はモナコのモンテカルロ。

モナコといえば外国からの移住者が多い都市。賃貸物件は超高額だし、ホテルも高級揃い、

移住する要件がとにかく厳しい超セレブのイメージの都市です。

晩年はそこで暮らしたんだろうか‥いいなあ。なんてことも勝手に想像しちゃいました笑。

バーバーと同世代

そしてもう一つ気になったのはバーバーと同世代私生活も共にしていたということ。

バーバーの「弦楽のためのアダージョ」ってすごく好きな曲なんですよね。

そのバーバーと共に暮らしていたのね、ふうん‥なるほど。

バーバーは1910年生まれだからメノッティとはほぼ同じ年。

でもってメノッティはバーバーのオペラの台本も書いているんです。

バーバーも数は多くないけどオペラを作っているんですよね。

  • ヴァネッサ(1958年)
  • ブリッジの手(1959年)
  • アントニーとクレオパトラ(1966年)

など。

で、ヴァネッサブリッジの手っていうオペラの説明をみると確かに台本がメノッティになっていました。そうかあ、そういうつながりもあるのねとおもしろくなって‥。

さらにアントニーとクレオパトラというオペラについては、初演はフランコ・ゼッフィレッリという映画オペラで有名な人が台本を書いているんですけどそれが失敗しちゃったようなんですよね。

しかもこのオペラは、新メトロポリタンのこけら落とし用に作られた演目だったという、とても大事な演目だったみたいなんですよね。それなのに失敗‥。

で、その後メノッティが台本を大幅に改定して再演してるんです。

再演のときに指揮を担当したのもメノッティだったらしく、

うわあ!、二人の絆は強いなあなんて思っちゃったりしました。

再演のときの成功度については、残念ながらよくわからないですが‥。

ただ、アントニーとクレオパトラってアメリカで同じような時期に

ブロードウェイローレンスオリビエとヴィヴィアン・リーが演じているし(ヴィヴィアン・リーは美しい人でしたねえ)、

映画では1971年にはチャールトンへストンの「アントニーとクレオパトラ」があるんですよね。

そんな中でオペラでの上演ってどうだったんだろうか?

映画のスペクタクル性にはかなわないんじゃないかなあ、

なんて思ったりもしちゃうんですけどね。

とにかく、そういう流れをちょっと垣間見たり、自分なりの発見があると、私の勝手な妄想も大いに手伝って(笑)ワクワクしちゃうわけです。

そして、まだ見たことがないバーバーのオペラを見てみたい!と思うのですが残念ながらやっているのを私は見たことがない‥。

それにしても音楽家って男性同士のパートナーって結構多い気がします。

最近見たところでは確かブリテンもそうだったし。

あと思うのはオペラで女性の作曲家ってほとんどいないんですよね。

古い時代は女性の地位が低かったことも原因の一つかもしれないけど、やっぱりもともとの男女の芸術性の違いってあるのかなとなんとなく思います。

女性は現実的すぎる?!のかもしれない‥。観るのは好きなんですけど。

メノッティの電話はどんなオペラ

どうでも良いことをつらつら書いちゃいましたが、メノッティのオペラ「電話」ってどんな作品なのかについて。

まず時間が短いのでとても観やすいです。

  • オペラ「電話」
  • 作曲:ジャン・カルロ・メノッティ
  • 初演:1947年
  • 場所:ヘックシャー劇場(ニューヨーク)
  • 上演時間:1幕 約30分

ヘックシャー劇場っていうのはもともと孤児や病気の子供達向けの600人ほどの劇場だったようです。

でも、このオペラはその後メトロポリタン歌劇場でも上演してるんですよね、1965年に。

メトのような大きなホールででやるようなオペラかなとも思ってしまいますが‥。

「電話」は登場人物は二人だけで、一幕ですから。

では簡単にあらすじを書いておきます。

<電話のあらすじ>

これから旅に出るベンが、旅の前に恋人のルーシーにプロポーズをしにやってきますが、いざ打ち明けようとするとなんども電話が鳴ってルーシーは長話をしてしまいます。

時間がなくなったベンはあきらめて出かけてしまいます。ようやく電話が終わったルーシーはベンがいないことに気づき、なんだったのかしら?と。

そこで再び電話が鳴ると、外から電話をかけてきたベンの声。ベンのプロポーズを受けるルーシー。

という他愛もない恋人同士のお話です。

なんということもないストーリーで、最後はハッピーエンドに終わるから良いのですが、

うーん、なんだろうなあ。

勝手気ままなルーシーを見ていると、ベンが気の毒で見ていられない感じがするし、なによりこういううるさくて面倒臭い女性っているよねと、つい思ってしまった。

正直ちょっとイライラしてしまった(笑)。そういう自分も大人気ないのですが‥。

そんなわけで、このオペラは好きな話か?と言われるとちょっと微妙。

それでも最後はうまく行くので、まいっか、という感じが率直な感想でした。

私が見たオペラ「電話」は固定電話を使っていましたが、初演の1947年頃って日本だと、ジーコロコロ!って指で回す黒電話があった頃なんですよね。

ただしすべての家庭に電話があったわけではない時代です。

当時アメリカの電話状況は日本よりはずいぶん進んでいたのだと思うのですが、

ルーシーの家に電話があるのが普通なくらい電話があったのだろうか?

それともすごく新しいものとしてオペラにも取り上げてみたんだろうか、などとちょっと考えちゃいました。

現代だと黒電話を使っている人はほとんどいないし、そもそも固定電話より携帯電話になってますよね。

もっというと電話で伝えるよりラインとかのSNSで伝えるんじゃないかなと。

そういう意味ではメノッティの「電話」というオペラは今後どういう風に見えるんだろう。

なんか古いね、電話が出てくるなんて‥」

となっちゃうんだろうかと考えたりもしました。

そうそう、「電話」をみたあとは「ハロー!ハロー!」の旋律がやけに耳に残ります。

それだけ親しみやすい音楽っていうことかな。

専門家によると伝統的なハーモニーと時々不協和音と多調性とあるのですが、それについては正直わからないです。

聴きやすいオペラじゃないかな、と私は思います

あと「電話」って短いオペラなのですが、もともとは「霊媒」っていうオペラと一緒に上演するものを何かっていうことで作られた作品だったらしいんですよね。

だから短いのねと。

また、「霊媒」っていうオペラは「電話」とは打って変わってオカルト的な作品なんですよ。

だから逆に電話は他愛もない明るい内容になっているということらしいのです。なるほどですよね。

この「霊媒」っていうオペラもすごくおもしろそうなのです。というか背筋がぞっとする怖そうなオペラ。

メノッティってそういうのが本当は得意なの?と今は私もちょっとわからない状態です。

まずは霊媒を見てみることにします。これだからオペラって楽しいです!ではでは。

メノッティの「霊媒」インチキ霊媒師のオペラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です