オペラは何語?最も多いのはイタリア語

オペラって何を言っているのか聞き取りにくいけど、いったい何語で歌っているんだろう?

と思ったことはないでしょうか。

最も多いのはイタリア語です。

日本でよく上演される「椿姫」や「フィガロの結婚」もイタリア語のオペラです。

日本人にとってはイタリア語というのは英語に比べて馴染みが薄いので、

何語なの?と思うのももっともだと思います。

イタリアのオペラの歴史は古いのでとても多くのオペラが作曲されましたが、現在は上演されないオペラも数多くあります。

というか上演されないオペラの方が多いです。

それらを含めても圧倒的にイタリア語のオペラが多いと思います。

オペラはイタリアが発祥

オペラは別にイタリア語でなくても、何語でもよかったのではないかと思うかもしれませんが、

そもそもオペラの発祥というのは、16世紀の終わりごろにイタリアにおいてギリシャ劇の復活の風潮から起きてきたと言われています。

オペラの歴史

それから、ヴェネチアを中心に現在のオペラに近い形のオペラが、できてきて、

18世紀にはナポリを中心に盛んになり

オペラは最初の全盛期を迎えたと言っていいと思います。

そして、その波はヨーロッパ全体に広がっていき、ヨーロッパの音楽家たちはこぞってイタリア語によるオペラを数多く作るようになったんですね。

ヨーロッパにはいろんな言語がありますが、

オペラと言えばイタリア語でなければならない、イタリア語が当然というそんな時代が長く続いていたので、

イタリア語を母国語としない人も、オペラを作曲するならイタリア語で作曲していたのです。

また必然的にイタリアには多くのオペラ作曲家が生まれる土壌がありましたから、

その中から、後世まで残る多くのイタリア人作曲家が生まれていったのも、当然の流れだと思います。

そのため、現在上演されているオペラはイタリア語が多いんですね。

有名な作曲家のオペラといえば

  • ロッシーニのオペラ
  • ドニゼッティのオペラ
  • ヴェルディのオペラ

などでしょう。

これらのほとんどはイタリア語で作られています。

イタリアの作曲家でパイジェッロという人がいました、バイジェッロはロシアでも活躍した作曲家です。

彼が作ったセビリアの理髪師というオペラ(ロッシーニの同名オペラとは別物です)は

ロシアで初演しているのですが、やはりイタリア語で書かれています。

18世紀のことなんですね。

これを見ても、ヨーロッパにおいても何語にしようかというより、

オペラといえばイタリア語が優先だったということが少しわかるのではないでしょうか。

ところが、上にあげたロッシーニやドニゼッティ、そしてヴェルディなどのオペラの中には、

一部、イタリア語以外の言葉で作曲しているオペラがあります。

オペラの歴史をのぞいてみよう

個性的なフランスのグランドオペラ

ロッシーニという作曲家は、現在のイタリアのナポリを中心として活躍していた人で、

生涯ほぼイタリア語のオペラを作曲しているのですが、

オペラ生活の晩年フランスに渡りウィリアム・テルというオペラを作曲しています。

ウィリアム・テル序曲が有名なので聞いたことがある人もいると思います。

このオペラが最初に作られたのは何語かというと、フランス語なんですね。

19世紀のフランスでは、グランドオペラという豪華絢爛なオペラが栄えた時期があります。

劇場はパリのオペラ座。

パリのオペラ座のグランドオペラは、フランス語で上演と決まっていました。

そのため、ロッシーニはウィリアム・テルを、最初フランス語で作ったわけです。

もっとも、その後イタリア語版も作ってイタリアでの上演はイタリア語で上演したようです。

同様にドニゼッティも、ラ・ファヴォリータというオペラがありますが、

パリ・オペラ座からの依頼で作られたフランス語版と、後にできたイタリア語版があります。

ヴェルディについては、ドン・カルロなどがそれです。

日本はどちらの言語も母国語ではありませんから、

日本でこれらのオペラが上演される時は、

何語の上演なのかな、というのをちょっと気にしてみるのもおもしろいのではないでしょうか。

モーツァルトとドイツ語

モーツァルトが何語でオペラを作ったかを見ると,オペラの主流がイタリア語だったのかがわかりやすいと思います。

モーツァルトが生きていたのは、18世紀の後半です。

18世紀のオペラ界は、とりわけイタリア語が強い時期でした。

モーツァルトは、現在のオーストリア出身なので母国語はドイツ語なのですが、

モーツァルトのほとんどのオペラ作品はイタリア語なのです。

モーツァルトの中で、ドイツ語で書かれているのは、魔笛後宮からの逃走がそうですね。

魔笛の台本は、劇団をやっていたシカネーダという人の作なのですが、

どちらかというと大衆向けの上演だったので、

魔笛の形式も、セリフが入ったジングシュピール形式になっているのだと思います。

魔笛はオペラの中でも有名だし、ドイツ語で作られていて、

モーツァルトがドイツ圏生まれなので、

モーツァルトのオペラは、ドイツ語だというイメージがある人もいるかもしれませんが、

モーツァルトのほとんどのオペラはイタリア語なのです。

フィガロの結婚」も「コシ・ファン・トゥッテ」もです。

皇帝ティートの慈悲というオペラにいたっては,

モーツァルトが魔笛とほぼ同時期に作曲しているのですが、

貴族の式典のために依頼されたオペラなので、同じ作曲家なのに

  • 皇帝ティートの慈悲はイタリア語
  • 魔笛はドイツ語

とそんな風になっているわけです。

何語で作られているかだけを見ても,オペラの歴史がうかがえるんですよね。

チェコ語のオペラ

時代が新しくなるほど、イタリア語以外のオペラがたくさん出てきます。

ドイツ圏では、ベートーヴェンもドイツ語,ウェーバーもドイツ語

そしてワーグナーももちろんドイツ語です。

19世紀以降は、貴族中心の社会に変化がでてきて

各国で国民主義というのが浸透してきます。

その結果、自国の言葉を優先する風潮が出てくるんですね。

オペラはイタリア語でなくても良いとなってきたわけです。

ロシアのオペラならロシア語で

チェコのオペラならチェコ語で。

というわけです。

そうやって生まれたのが、ロシアの

イーゴリ公ボリス・ゴドゥノフなど。

ロシアのオペラ・土臭いと言われるその特徴

珍しいところでは、チェコ語のオペラもあります。

ドヴォルザークはチェコの出身なのですが、彼が作曲したルサルカというオペラはチェコ語なんですね。

チェコのオペラ・その特徴

何十年か前の日本だったら、ルサルカをチェコ語で上演するなどというのはなかったかもしれません。

もし上演するとしても日本語にしていたのではないでしょうか。

というかそもそも、ルサルカはなかなか取り上げられなかったかも。

最近では、このようなちょっとマイナーなオペラも原語で上演されるようになりました。

ルサルカを見ていた時に、前にいた女性が

これって何語?」と隣の人に聞いていました。

それもそのはずで、あまり耳にしない言葉だったから当然なんですよね。

ルサルカの初演は20世紀初頭です。

このように時代が新しいオペラはいろんな言語でかかれています。

ちなみにその時見たルサルカは、すべて日本人の上演でしたから、歌手の方達はチェコ語でうたったわけです。

歌手の人達は、オペラに合わせてイタリア語やドイツ語、チェコ語など

いろんな言語でオペラを歌うわけで、それも実はすごいことですよね。

そしてどの言語であっても、歌うことができればオペラという舞台の上では、世界中の歌手が一緒に共演できるということでもあります。

それもオペラの素晴らしさのひとつじゃないかなって思うんですよね。

オペラの楽しみ方初級編・中級編・上級編

オペラの歴史ががおもしろい・ギリシャの復活劇からはじまった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です