タンホイザー・あらすじと解説

オペラの中には、いくつかの版があるものがありますが、

ワーグーナーのオペラ「タンホイザー」のその一つで

ドレスデン版、と呼ばれるものとパリ版と呼ばれるものがあります。

 

タンホイザーの成立と初演

  • 作曲:リヒャルト・ワーグナー
  • 初演:1945年
  • 場所:ドレスデン宮廷歌劇場

オペラタンホイザーの正式な名称は

タンホイザーとヴァルトブルグの歌合戦」と言います。

初演は場所でわかるようにドレスデン版の方です。

 

中世の、放蕩癖のある吟遊詩人タンホイザーの伝説

ドイツのヴァルトブルグ城で中世に実際に行われていた、歌合戦を融合させたストーリーです。

 

オペラの中でタンホイザーの友人としてでてくる、ヴォルフォラムや

恋人役のエリザベートなどは実在の人物から取っている名前です。

 

中世における歌合戦は、現在のNHK紅白歌合戦のようなものとは全く異なり、

形式が定められており、詩を作り、曲をつけるプロの吟遊詩人達は宮廷に抱えられ、その地位も高かったと言います。

 

さて、タンホイザーを作った時のワーグナーはすでにオペラリエンツィで成功していましたが、

リエンツィと同じ劇場(ドレスデン)で行ったタンホイザーの初演は、いまひとつの反応だったようです。

リエンツィがパリのグランドオペラの形式の影響が強いのに対し、

タンホイザーは、現在ワーグナーらしいと思える形式、劇と音楽が融合し、管弦楽と声も融合するという特徴に変わっており、

聴衆がまだそれについてこられなかったことにあります。

 

長大で難しいということもありますが、現在ではリエンツィがなかなか上演されないのに対し

タンホイザー以降のワーグナーの作品が頻繁に上演され、世界中にファンがいることを思うと皮肉なものです。

 

また、ワーグナーのタンホイザーは1861年にパリ・オペラ座においても上演されましたが、

残念ながら大失敗としています。

 

当時のパリ・オペラ座というのは、フランス語による上演と、バレエが入る、グランドオペラの形式が主流だったので、

ワーグナーのタンホイザーについてもそれが要求されたわけです。

ワーグナーはタンホイザーをフランス語に直し、バレエは序曲に続く部分をヴェーヌスの官能の森のバレエとして挿入しました。

ところが当時のパリ・オペラ座の常連客には、産業革命後に台頭してきた、進行ブルジョワジー、いわゆる成金紳士が多くいて、

彼らはオペラよりも2幕か3幕に登場するひいきの踊り子がめあてで来ており、踊り子の出番に間に合うように2幕の頃にやって来るという、観客だったんですね。

 

ワーグナーがオペラ座の依頼を断って、2幕ではなく冒頭にバレエを挿入したことについて、常連客の怒りに触れ、その妨害は、口笛だけでなく、ラッパまで出て、上演を続けれないほど酷かったと言います。

現在の日本では考えられないようなことが、オペラの世界でもあったんですよね。

 

ところが、そんな最悪の事件が、逆にワーグナーの名前を広めることになったのも事実だったようです。

良かれ悪しかれ話題に登るということは、名前を知ってもらうためには悪くは無い、

というのは、現在の芸能界なども一緒でしょうか。

 

 

あらすじと上演時間

<タンホイザーの上演時間>

  • 序曲:約13分
  • 第一幕:約45分または55分(ドレスデン版は45分、パリ版は55分)
  • 第二幕:約70分
  • 第三幕:約55分

上演時間の正味は3時間ちょっとありますから、

2回の休憩を入れると全体としての上演時間は、だいたい4時間ちょっとというところでしょうか。

 

<タンホイザー簡単あらすじ>

ヴェーヌスが支配する、禁断の場所ヴェーヌスベルクの異世界で、官能的な日々を過ごしていたタンホイザーですが、

ある時、故郷に帰りたいと思いはじめます。

ヴェーヌスは引き止めるのですが、タンホイザーは振り切って故郷の世界に戻ります。

故郷ではちょうどヴァルトブルク城で歌合戦が開かれるということで、タンホイザーも参加することに。

お題は「愛の本質」。

タンホイザーは最初はおとなし目に歌っていたのですが、徐々に高揚し、ついには禁断のヴェーヌスベルクに居たことがばれてしまい、人々が騒然となります。

懺悔のためにローマ巡礼の旅に出るタンホイザーと、祈り続ける恋人のエリザベート。

しかしながら、ローマに行っても許されなかったタンホイザーなのですが、

献身的なエリザベートの死を持って

タンホイザーの罪は浄化され、彼自身も死んでいくというあらすじです。

 

 

タンホイザーのあらすじからもわかるかと思いますが、このオペラのテーマは「愛による救済」、といわれています。

このワーグナーのオペラを見る限り、救済の部分は最後のところだけで、比較的あっさりです。

逆にヴェーヌスの洞窟のシーンが非常にインパクトがあります。

当初ワーグナーがオペラの題名をヴェーヌスベルクと考えていたことから、ワーグナー自身もそちらのイメージが強かったのではないかと思います。

それくらい、ヴェーヌスベルクのシーンの音楽は官能的で刺激的です。

 

見どころ

 

最初の頃は、ワーグナーのタンホイザーにドレスデン版とパリ版があることを知らなかったので、

タンホイザーを見に行った際に、序曲に続いて延々と官能的なバレエが始まったので不思議に思ったことがありました。

 

その前に見たワーグナーのタンホイザーにはそのシーンは無かったからです。

 

バレエが入っていたのは、パリ版と呼ばれるものだったのだと思います。

ただ、言葉はドイツ語でしたから、完全なパリ版ではなく折衷版(ウィーン版ともいわれます)だったのでしょう。

オペラには、このように、作曲家が劇場に合わせて書き直したり、本人が納得するように書き直していることがしばしばあります。

 

タンホイザーの題材になっている歌合戦については、

ワーグナーのニュルンベルクのマイスタージンガーでも題材となっています。

こちらはタンホイザーよりも少し後の時代をモチーフにしていますが、

全体に明るいブッファのような作品で、二つを比べてみるのも、おもしろいと思います。

タンホイザーの有名な音楽としては

  • 序曲
  • 第二幕でエリザベートが歌う「歌の殿堂」
  • 第三幕で友人ヴォルフォラムが歌う「夕星の歌」

中でも序曲は有名で、しばしば単独で演奏されるポピュラーな曲になっており、

劇中に出てくる旋律が使われています。

 

また、ヴォルフォラムの夕星の歌は、バリトンが歌うしみじみとした心に染み入る名曲。

 

タンホイザー第一幕のヴェーヌスの官能の異世界と、通常の世界が全く雰囲気が別、というのがこのオペラの特徴の一つで

ヴェーヌスは第一幕では歌い続けるので大変な役です。

 

通常の世界に住むエリザベートとは全く交わらず、出番が異なるため

この二役を一人の歌手が演じるという超人的な歌い手もいます

 

ヴェーヌスだけでも厳しいのに、タイプが異なる二役をやってしまうことに私などは、驚きを拭えないのですが、

過去にビルギット・ニルソンという歌手と、ギネス・ジョーンズという歌手が一人二役を演じています。

ものすごいパワーですよね。

 

人には表の感情と秘められた裏の感情があるということの象徴なのかもしれませんが、

並大抵の歌手では無理だろうと思います。

 

タンホイザーを演じるのはヘルデンテノールと呼ばれる、強くドラマティックな声の歌手で

タンホイザーの歌唱も見どころだと思います。

  • ヴェーヌスがいる官能の世界
  • エリザベートやヴォルフォラムがいる純粋な世界

二つの世界が対照的なワーグナーのタンホイザーは、何度見ても飽きないオペラですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です