オペラブッファ・低音歌手が活躍する楽しいオペラ

オペラブッファ(opera buffa)とは、イタリアを中心として発展したオペラの形式で、

日本語にすると、喜歌劇。

18世紀から19世紀にかけて、多くのオペラブッファの作品が生まれました。

対照的なものとしてオペラセリア(正歌劇)があります。

オペラセリアの時代

 

オペラブッファの特徴

 

実はオペラブッファというのは単純に喜劇オペラのことをいう、と長らく思っていました。

笑えるオペラがオペラブッファだと。

 

確かに広義にはそういう解釈もあるようですが、

ブッファ(buffa)はイタリア語。

本来の意味はイタリアを中心として18世紀から19世紀の半ば頃までの間に流行したオペラの一形式だったんですね。

その特徴は、

  • 喜劇である
  • 主人公が、英雄や王ではなく、身近な存在
  • バリトンやバスなど低音歌手が活躍する
  • 重唱や合唱が多い

など。

オペラブッファが流行した時代はオペラセリアの全盛期に近くやや遅れる形で発展しています。

オペラセリアの主人公が英雄や伝説の人物、王侯貴族でその徳を示すような内容だったのに対し、

オペラブッファは砕けた内容で主人公は身近な存在

時には召使いが主人公だったりしました。

 

また、オペラセリアの主人公はカストラートやソプラノなどの高音域の歌手が中心で、

低音域の声は、主に脇役でしかも少ないという状況でした。

 

それに対しオペラブッファはバスやバリトンが主に滑稽な役柄として重要な位置を占めていたことも特徴です。

 

さらに、オペラセリアがカストラートやソプラノ重視だったため、

歌手が目立つ、単独で歌うアリアが中心だったのに対し、

オペラブッファは重唱や、合唱が効果的に使われていました。

これは後の19世紀のオペラの多くが(喜劇、悲劇とも)アリア、重唱、合唱など全てを効果的に使うことの、見本にもなっていったようです。

確かにバロックオペラを見るアリアが非常に多いと感じるんですね。

演目にもよりますが、アリアばかり‥、という感じがちょっとあります。

 

オペラブッファの始まり

 

さてオペラブッファはもともとはオペラセリアの幕間劇から始まったと言われています。

この幕間劇はインテルメッツォと呼ばれるもので、幕と幕の間の息抜き的なもの、あるいは

ストーリーの説明、補足の意味合いがありました。

インテルメッツォと呼ばれるものは、短い劇だったり間奏曲だったり時にはバレエのことも。

 

オペラブッファはオペラセリアのインテルメッツォとして生まれそれが人気になり、

独立して上演されるようになったと言われています。

インテルメッツォとして始まり有名になったものの代表は、

ベルコレージの「奥様女中」です。

 

奥様女中はもともと、ベルコレージのオペラセリア「誇り高き囚人」の幕間劇だったものが単独で人気が出たものなのです。

現在誇り高き囚人の方はほとんど上演されませんが奥様女中の方は今でも上演されていますね。

 

この、奥様女中を作曲したベルコレージは、ナポリで勉強したナポリ楽派の人物。

わずか26歳という若さで亡くなっていますが、

他にも「妹を愛した兄」など、現在まで残るオペラブッファを作っています。

この時代のオペラセリアはあまり現在まで残っていないことを思うととりわけ才能溢れる人物だったのではないかと想像してしまいます。

 

コンメディア・デッラルテ

 

オペラは良い台本があるかないかで、ずいぶん出来が変わってくるものだと思うのですが、

オペラブッファは喜劇なのでより台本の優劣が重要になってくると思います。

 

イタリアにおいて、16世紀後半から急速に発展したのが

コンメディア・デッラルテという喜劇です。

コンメディア・デッラルテというのは仮面を使用する劇で、その特徴は役柄が型にはまって決まっていたこと。

有名なものは、

  • アルレッキーノ
  • コロンビーナ
  • パリアッチ

など。

アルレッキーノは道化コロンビーナは女性パリアッチはピエロの格好をした道化。

これを見て気付く人もいると思いますが、レオンカヴァッロ作曲の道化師というオペラの

劇中劇はこのコンメディア・デッラルテの形式にとても似ています。

道化師レオンカヴァッロ

 

姿を見れば、その性格や役割がわかるというのがこの劇の特徴でした。

歴史上長い間流行していますし現在でもサーカスなどで道化の姿を見ますよね。

コンメディア・デッラルテの芝居を見たことはありませんが、即興的なその劇はさぞかし、楽しかったのだろうなと思ってしまいます。

そんな、コンメディア・デッラルテの台本に変化をもたらしたのがゴルドーニでした。

 

ゴルドーニの台本

 

ゴルドーニは1707年、イタリアのヴェネチアの出身

コンメディア・デッラルテが、型にはまった登場人物だったのに対し、

ゴルドーニが書く喜劇は、仮面を使わず素顔で演じる劇、そして登場人物も

型にはまったキャラクターではなく様々な一般の人々を取り上げるものでした。

 

いつの時代も新しいものが出てくると最初は批判されるというのは世の常だと思うのですが、

ゴルドーニの場合もそうで、因習的で保守的な人々から痛烈な批判や揶揄があったようです。

その一人がカルロ・ゴッツィ。

 

ゴッツィは保守方、コンメディア・デッラルテの作家で、ゴルドーニと同じくヴェネチアの出身でした。

のちにプッチーニがこのカルロ・ゴッツィのトゥーランドットをオペラにしています。

トゥーランドット・プッチーニの解説

 

それでもゴルドーニの喜劇は、やはり秀逸だったようで彼がオペラの台本を書くようになることで、

ヴェネチアでは面白いオペラブッファが生まれるようになります。

  • 台本ゴルドーニ
  • 作曲ガルッピ

のオペラブッファ「田舎の哲学者」

  • 台本ゴルドーニ
  • 作曲ピッチンニ

のオペラブッファ「ラ・チェッキーナ」などがそうです。

 

そしてゴルドーニのオペラブッファは、続くパイジェッロや、サリエリ、チマローザといった

現在まで残るオペラブッファを作り出す元になったんですね。

 

考えてみると18世紀というのは、カストラートが活躍しオペラセリアが多く作られたにもかかわらず、

現代まで残っている作品をみると圧倒的にオペラブッファの方が多いのです。

やはりゴルドーニの台本がもたらした、影響は大きかったのではないでしょうか。

 

モーツァルトからロッシーニへ

 

オペラブッファの頂点は、モーツァルトだと言われています。

ゴルドーニの台本を手本として引き継がれていったオペラブッファの傾向は、

モーツァルトという天才の音楽が付くことで、最高のものになったということです。

特にモーツァルトの中のダ・ポンテ三部作と呼ばれる

は世界中のオペラハウスのレパートリーになっている作品です。

(ダ・ポンテは台本作家)

 

ドン・ジョバンニは、これが喜劇なのかな?と思うよう重厚な音楽もあり

その音楽的なレベルの高さも、オペラブッファの頂点と言われる所以であるのかもしれません。

 

そしてオペラブッファはその後、ロッシーニのセビリアの理髪師や、ドニゼッティの愛の妙薬、というように

多くの、生き生きとしたオペラブッファの誕生へと引き継がれていったのです。

セビリアの理髪師のドンバジーリオや、愛の妙薬に出てくるインチキ薬売りなどは、

低音歌手が面白おかしく演じて活躍するんですよね。

とても楽しいオペラです。

 

日本の能と狂言

さて話は日本になるのですが、

オペラセリアとオペラブッファの関係を見ていると、どうしても日本の能と狂言が浮かんでしまいます。

狂言には大きく分けて

  • 独立した狂言
  • 間狂言(あいきょうげん)

と言うものがあります。

能も古い時代からあるので、時代で、形式が変わってきているとはいえ、

能が武者や勇者、公家などが主人公(シテ)で、内容は悲劇的なものが多いこと、

また、能を観劇するのは身分の高い公家や武士であったこと。

 

そして、間狂言というのは能と能の間に挿入される劇で、

こちらは、太郎冠者など召使が出てくる滑稽な喜劇だったり、

あるいは、能にでてくる狂言方が物語の進行を説明するための役割を担っていたこと。

 

これらを考えると遠く離れた日本と西洋で姿形、衣装などは全く異なるとはいえ、

とても似通ったものを感じてしまいます。

 

大きく違うところといえば仮面の使い方で、

日本にも能面や狂言面がありますが、

シリアスな能の方で面を使用している文化は日本独特かなと思います。

 

さて、いろいろ書きましたが最も言いたいこと、といえば、

オペラは難しい話ばかりではなく楽しいオペラブッファがたくさんあるということです。

多くの人にオペラブッファの楽しさを、味わってもらいたいですね。

オペラセリアの時代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です