イーゴリ公・ポロディンのオペラ

イーゴリ公は、第二幕の、通称「ダッタン人の踊り」で有名なオペラです。

ダッタン人の踊りは、知らず知らずのうちに耳にしている人も、多いと思います。

優雅でエキゾチックなこの曲は、一度聞いたら忘れないでしょう。

イーゴリ公は、ロシア国民オペラを代表するオペラの一つ。

化学者でもあったボロディンと言う人が、作曲しましたが、完成せずに亡くなってしまったので

初演はボロディンの死後数年経ってからでした。

成立と初演

初演

  • 作曲:アレクサンドル・ボロディン
  • 初演:1890年
  • 場所:マリンスキー劇場(サンクトペテルブルク)

作曲したボロディンは

1833年生まれー1887年没

なので、初演はボロディンが亡くなってから3年後です。

ボロディンは、イーゴリ公を完成する前に亡くなってしまったため、

リムスキー・コルサコフと、その弟子グラズノフによって完成した曲なんですね。

 

ボロディンについて

オペラ・イーゴリ公は、史実を基にした歴史物オペラなのですが、

それを作曲したボロディンと言う人が、化学者でもあったと言うことも、興味深いところだと思います。

今では、ボロディンは、作曲家としての方が有名ですが、本来、主たる職業は化学者でした。

 

ボロディンは、貴族と既婚女性の間の、婚外子として生まれました。

父母の詳しい事情はわかりませんが、婚外子だったため、農奴の子供として、育てられたのです。

それでも貴族の父がいたからでしょう、

教育や生活には不自由のない暮らしをしました。

その結果、化学者としても一流になったんですね。

ただ、主は科学者だったため、音楽は合間にやるというスタイルだったようで、

日曜作曲家などと呼ばれるのはそのためです。

 

ボロディン反応

 

ボロディン反応と言う言葉を知っている人は、化学を専門的に学んでいる人くらいでしょうが、

そんな言葉があるほど、ボロディンは化学にも精通していたということです。

ボロディン反応は、有機化学の反応の一つで、

ハンスディーカー反応のことなのですが、別名ボロディン反応と呼ばれているんですね。

常々、作曲家の脳は、どうなっているのか、理系脳なのか文系脳なのか、どちらでもない天才脳なのか、などと

考えることがあるのですが、ボロディンに限って言えば、理系脳の作曲家だったということでしょうか。

 

ロシア5人組

さて、ボロディンは、化学者でしたが、現在では、作曲家としての方が有名で

ロシア5人組と呼ばれる中の、一人に入っています。

ロシア5人組というのは

  • バラキレフ
  • ツェーザリ・キュイ
  • ムソルグスキー
  • ボロディン
  • リムスキー・コルサコフ

で、主に19世紀に活躍した作曲家。

ロシアの民族主義的な音楽を目指した作曲家達で

西欧の真似ではなく、ロシアのロシア人による、ロシアらしい音楽を作っていこう、という人たちでした。

ロシアのオペラ

ボロディンはそんな5人組の一人でした。

ボロディンは、残念ながらイーゴリ公を完成することなく、急な病で亡くなったのですが、

その後補完したのは、ロシア5人組の中の、

リムスキー・コルサコフ、

そしてリムスキー・コルサコフの弟子のグラズノフの二人でした。

もしリムスキー・コルサコフ達がイーゴリ公を完成させていなかったら、

このオペラは日の目を浴びず、有名なダッタン人の踊りも聴けなかったわけですから、

よくぞ完成させてくれたと思うばかりです。

ただ、3人が関わっているため、特に後半はちょっとボロディンらしい勇壮さがない、と言われるのも事実なのです。

上演時間とあらすじ

 

イーゴリ公の作風

 

オペラ・イーゴリ公は12世紀頃、イーゴリ公が、遊牧民族ホロヴェッツの討伐に遠征したことを伝える

「イーゴリ軍記」が元になっているオペラです。

オペラ・イーゴリ公は、土の匂いを感じる、力強く、実直な軍記物オペラ、と言う感じで、いかにもロシア風。

ロシア国民オペラの代表の一つといわれるんですね。

主人公のイーゴリ公はバリトンで、華やかさより、質実剛健なオペラ、というところがロシアらしい気がします。

同じく英雄を題材にした、18世紀のイタリアバロックオペラが、

英雄には、高音のカストラートを使い、

スター歌手達が、超絶技巧の歌を披露した、絢爛豪華なオペラだったことを思うと、

ロシアの英雄のオペラは、時代が違うとはいえ、ずいぶん様相が異なります。

やはりお国柄の違いと言うものでしょうか。

 

上演時間

 

イーゴリー公は序曲、プロローグ、4幕という構成になっています。

  • 序曲:約10分
  • プロローグ:約30分
  • 第一幕:約50分
  • 第二幕:約60分
  • 第三幕:約30分
  • 第四幕:約30分

計3時間半に及ぶ長いオペラですが、それほど長くは感じないと思います。

休憩の入れ方は公演により、三幕と四幕を続けるなど、その時により異なります。

序曲は、ボロディンが生前弾いていたピアノ演奏を元に、グラズノフが作ったと言われています。

序曲というのは、冒頭の音楽ですが、いろいろ見ていると、たいていの作曲家達は、最後に作るのかなと、言う気がしています。

序曲は、オペラの中の曲を使うことが多いからなのか、最後に仕上げ的に作る作曲家が多いのか、そういうものなんでしょうね。

ボロディンも序曲は、考えてはいたものの、楽譜には落としていなかった様です。

 

簡単あらすじ

 

ホロヴェッツ族の討伐のため遠征に出かけるイーゴリ公。

皆が、讃えるが、突如太陽が欠けるため(日食ですね)。

人々は不吉の前兆と恐れ、妻のヤロスラーヴェも遠征を止めようとしますが

それでも出陣するイーゴリ公。

留守を任された、ガリッキーは妻の弟なのですが、やりたい放題のどうしようもない男。

一方、不吉な予兆はあたり、イーゴリ父子はホロヴェッツに捕らえられてしまいますが、

ホロヴェッツ族のコンチャーク汗は、イーゴリ父子に敬意を表し、捕虜とはいえ、手厚い処遇

また、コンチャーク汗の娘と、イーゴリ公の息子ウラジーミルは相思相愛にまで。

自国の危機を傍観することに耐えきれず、イーゴリ公は敵陣を脱走しますが、

息子のウラジーミルはコンチャーク汗の娘と残ることに。

寛大な、コンチャークは、娘とウラジーミルの結婚を許します

また戦火で荒れ果てた中、ひたすら夫を待ち続ける妻ヤロスラーヴェの彼のもとに、

ついに、馬に乗ったイーゴリ公が戻ってきて、人々もイーゴリ公を讃えるというあらすじ。

 

なんとなく結末が弱いというか、

それでどうなるの?と言いたくなる様なあらすじなのですが、

まあ、イーゴリ公を讃える軍記物オペラだと思えばそんなものかなと思います。

後半は、ボロディンが作っていないということもあるのかもしれません。

 

見どころ

 

見どころはやはり、通称ダッタン人の踊り(本来はホロヴェッツ人の踊り)と呼ばれる第2幕シーンでしょう。

演出により、どんな踊りが入るかは、上演によりいろいろで、そこが楽しみなところです。

とにかく曲がいいので、旋律も十分に味わいたいところです。

 

また悪者ですが、第一幕のガリッキーのアリアも中々面白く、見どころではないか、と思います。

 

ボロディンが途中で亡くなっているので、前半の音楽と後半の音楽系統がちょっと違うなというのを

感じるのも面白いところで、見どころ、聴きどころかと思います。

 

また序曲は、グラスノフがボロディンのピアノ演奏を思い出して、興したと言われる部分。

プロローグ以降に続く音楽と、比較して聴いてみるのも、良いかもしれません。

 

そしてロシアの国民主義の代表音楽と言う観点で、イーゴリ公を見てみると、

ロシアという国の片鱗が見えてくるかもしれません。

 

ボロディンの音楽は情熱的で、エキゾチックなところがあるので、

日本人の耳には、聴きやすいのではないか、と思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です