セミラーミデ・ロッシーニのオペラは実はセリアがいい

今回はロッシーニセミラーミデというオペラについてです。

ロッシーニは、セビリアの理髪師など日本ではオペラブッファのイメージが強いのですが、

実はロッシーニはオペラセリアも作っているし、グランドオペラも作っています。

かくいう私もブッファのイメージを強く持っていたのですが、セミラーミデを見てみると、あれ?これは!という驚き。

実はセリアがすごくいいんです。

 

ロッシーニのイタリア最後のオペラ

 

セミラーミデというオペラは、ロッシーニがイタリアで発表した最後のオペラです。

ロッシーニという人はイタリアのペーザロの生まれ。(ペーザロはアドリア海に面した都市で、ヴェネチアより南)

最初のうちはヴェネチアでの活躍が多いのですが、後半1815年あたりからナポリでの活躍が目立つようになります。

当時のナポリはドメニコ・バルバイアという敏腕マネージャーが活躍していた時期でもあります。

ナポリのサンカルロ劇場

そんなナポリを後にしてロッシーニは1824年からパリに移り住んで、今度はパリ向けのオペラを発表していくのですが、

ロッシーニがイタリアで最後に残した作品となるのがこのセミラーミデというオペラです。

 

セミラーミデの初演の場所はヴェネチアのフェニーチェ歌劇場

そう、ナポリではないんですよね。

というのもロッシーニはバルバイアと一緒にウィーンにいき(バルバイアはウィーンの劇場のマネージャーもやっていた)そのままナポリには戻らずヴェネチアの仕事を最後にしたのです。

フェニーチェ歌劇場は今もある有名な劇場ですね。川に面した方に正面玄関がある歌劇場です。

 

さて、ロッシーニというとブッファのイメージが強い人が多いのではないでしょうか。

ロッシーニの代表作がセビリアの理髪師なので、どうしてもそうなりますよね。

でも実はロッシーニはかなりセリアも作っているのです。その代表がこのセミラーミデ

特にナポリ時代に作った作品はセリアが多いんですよね。

オテロもその一つ。

ロッシーニのオテロは当時かなり人気でずいぶん上演されたようなのですが、

70年後にヴェルディのオテロが発表されてからその座を取って代わられたというか、最近ではオテロといえばヴェルディの方が断然有名になっていますよね。

でもって、私もロッシーニといえばセビリアの理髪師の明るいイメージがずっと強かったんですけど、このセミラーミデを見て、え?!と思ったんですよね。

すごく良かったからです。

まるでヴェルディのように劇的。

というかロッシーニよりヴェルディの方が後の世代ですから

なんていうのかな、ヴェルディのドラマティックなオペラって実はロッシーニから受け継いでいるんじゃないの?と思うような情熱的な音楽なんですよね。

オーケストラの重厚さでいうとヴェルディの方が好きなんですけど、ソプラノのアリアとかバスとの二重唱とかすごくいいんですよね。

というわけで個人的には、ロッシーニってセリアもすごくおすすめです。

あまり上演されませんけど。

一つには超絶難しい!ということもあるみたいです。

 

コロラトゥーラに聞き惚れたいならロッシーニのセリアもいい

 

セミラーミデってあまり上演されないんですけど、なんでそこそこ有名かっていうと、有名なアリアがあるんですよね。

それは第一幕でタイトルロールセミラーミデが歌う「麗しい光」というアリア。

セミラーミデがアルサーチェが来ると聞いて喜びを歌うアリアです。

セミラーミデはアルサーチェが好きなんですが、実はアルサーチェは死んだと思っていた実の息子なんでよね。

いいの?それ!と思っちゃいますが

何れにしてもこのアリアは美しいだけでなく、超絶難しそうなのです。

何がどう難しいかという専門的なことはわかりませんが、音楽家ではない私でも「いやあ、これは難しそうだわあ」と思うようなアリアです。

これを舞台で、余裕をもって歌える人なんてそんなにいないんじゃないかな、と思います。

まさにコロラトゥーラ満載で、かつ美しさでは天下一品!

椿姫のヴィオレッタもかなり難しいと思うんですけどそれ以上じゃないかな。

もしコロラトゥーラに聞き惚れたいならこのアリアを、というかロッシーニのオペラセリアを聞くのがいいのじゃないかと私は思います。

それにセミラーミデってバスの曲もすごくいいんですよね。

あと二重唱も。これがまたヴェルディっぽい。

いい感じの二重唱は、ヴェルディ好きならきっと気にいると思います。

そしてロッシーニらしい軽快なクレッシェンドもありで、

明暗緩急のコントラストがはっきりしているオペラで、それは序曲だけを聞いてもわかると思います。

ロッシーニってブッファだけじゃないよ、っていうのがよくわかる作品ですね。

 

なぜこれをグランドオペラにしなかった?

 

ロッシーニってセミラーミデを最後にイタリア→フランス(パリ)に移住してるんですよね。

フランスで最初に作ったのは式典用の一幕ものオペラで「ランスへの旅」

これは式典用なので別として、パリに呼ばれたからにはやはりグランドオペラを作らなきゃというわけで

ロッシーニはパリオペラ座のためにグランドオペラを発表していくんですよね。それが

  • コリントの攻城
  • モーゼ
  • ウィリアム・テル

という作品。

でもってロッシーニはこれらのオペラを全部ゼロから作り出したわけじゃなく

過去の自分の作品「マオメット2世」(2020年ナポリ初演)→書き直して「コリントの攻城」を作り

「エジプトのモーゼ」(2018年ナポリ初演)→書き直して「モーゼ」を作る。

というように、それぞれ元々あったものをグランドオペラ風に作り直したんですよね。

確かにこの二つは劇的な戦いや、モーゼが起こす奇跡などグランドオペラ向きの、スペクタクル性があるストーリーだし、グランドオペラに改変しやすかったのかなと思うものの

(さすがにブッファはグランドオペラにしないです)

セミラーミデでもよかったんじゃないの?神殿に雷が落ちたり、亡霊が出たりするし、グランドオペラになりそう、

などという素人考えをつい起こし‥。

ロッシーニのセリアはそのほかにも、ゼルミーラとかあるっちゃあるんですけどね。

コリントとモーゼがいずれもナポリの作品だったことがなんか関係しているのかなあとか

セミラーミデは歌が難しすぎてパリじゃ無理だったのかなあなんて、勝手に想像しちゃいます。

というのもイタリアの歌手がコロラトゥーラのテクニックができても、当時のフランスの歌手はまだそれほど高度な技術はできなかったらしいんですよね。

でもフランスでやるしフランス語で歌うわけだからから、フランスの歌手を使った方が良いし、その方が盛り上がるしって、そういうことってきっとあったと思います。

最後にロッシーニが作った「ウィリアム・テル」は過去の改変ではなく、オリジナルで作ったグランドオペラなんですけど

この時テル役をやっているのがフランス人のアンリ・ベルナール・ダバディというバリトンだというのを見ても多分なるべくフランスの歌手を使っていたんだろうなと想像できるわけです。

まあ、アリアを簡単に書き直すとかロッシーニならすぐにできそうだし、本当のところはわからないです。

ちなみにちょっと逸れますが、アンリ・ベルナール・ダバディっていう人はのちにドニゼッティの愛の妙薬初演でかっこいいベルコーレ役をやっているんですよね。イタリア語で。

フランスのスターだったんだろうなあと、どんな声だったのか、聞くことはできませんが。

セミラーミデの簡単あらすじ

 

最後にセミラーミデの簡単あらすじを。

セミラーミデの元になっているのはフランスの文学者ヴォルテールという人が書いた「セミラミス」という作品で、

セミラミスというのは紀元前800年頃、古代バビロニアの女王の名前です。

全体では2幕しかないんですけど、場が多くて

  • 第一幕・・第3場まで
  • 第二幕・・第5場まで

という場の多さ。初演がいまいちだったのは第一幕が序曲を入れると正味1時間半、場の入れ替えを入れればおそらく2時間近くあったらしくそのせいもあったとか。

ワーグナーを見慣れている人なら我慢できると思いますが‥。

<簡単あらすじ>

女王が夫(国王)を暗殺し、その女王が息子に殺されるという悲劇。

 

第一幕は暗殺された王の後継者を選ぼうとすると突然雷が落ち、祭壇の火が消え、皆恐れおののくところから始まります。

実は前王は女王セミラーミデとアッスールの陰謀で毒殺されたもの。

軍の指揮官アルサーチェ(実はセミラーミデの息子)はアマーゼという女性を愛しているが

アッスールもアマーゼが気に入っているため二人は火花を散らします。

一方セミラーミデは実の息子とは知らずにアルサーチェが自分に思いを寄せていると勘違い。

またアッスールは前王の暗殺に手を貸したのに恩恵がないことを恨んでいる。

殺された王の亡霊が出てきて、「罪がつぐなわれた時アルサーチェが王になる」といい

人々は恐れます。

一方アルサーチェは自分が前王とセミラーミデの息子だと知るのですが、未だにそれを知らない母セミラーミデに言い寄られ、自分は息子であることを告げます。

それを聞いたセミラーミデはならば自分を仇と殺せと、とはいえ再開を喜ぶ二人。

謀反を企てるアッスールを打ちにいくアルサーチェだが、暗闇の中で打ったのはセミラーミデ。愕然とするアルサーチェだが、人々は彼を新しい王と讃えるところで幕。

 

日本で上演されたことがあるのかどうかわかりませんが、是非とも生で見てみたいオペラです。

無理なら海外で見るしかないのかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です