ラ・ボエーム(プッチーニ)見どころ

ラ・ボエームはジャコモ・プッチーニが作曲したオペラ。

世界中のオペラハウスで、上演される、とても人気のあるオペラです。

 

成立と初演

初演と場所

  • 作曲:ジャコモ・プッチーニ
  • 台本:ジュゼッペ・ジャコーザ、ルイージ・イッリカ
  • 初演:1896年
  • 場所:テアトロレージョ劇場(トリノ)

 

ラ・ボエーム、トスカ蝶々夫人の3作品は、

プッチーニのオペラの中でも、とりわけ人気のあるオペラで、中でもラ・ボエームは世界中で最も人気のあるオペラの一つと言っていいでしょう。

 

 

ラ・ボエームの人気

 

アメリカのメトロポリタン歌劇場の何年かの上演回数を見ても、ラ・ボエームは1,2位を争う人気ぶりです。

作曲家プッチーニのすごいところは、人気の3作品の成立について、

続けて作曲しているにもかかわらず

すべて趣の異なるタイプのオペラであることではないでしょうか。

 

トスカは時代設定も古く、政治も絡み、登場人物がすべて死んでしまうという、劇的な迫力あるあらすじで、

一方蝶々夫人は、舞台が日本の長崎で、現地妻の蝶々夫人が、ピンカートンを待ち続ける悲恋のあらすじ。

そして、ラ・ボエームは、貧しいけど夢を追う、時代背景を絡めた、若者達の甘く切ないあらすじ。

という感じです。

プッチーニというと、ドラマティックで、情熱的なオペラというイメージなのですが、

最も人気がある、ラ・ボエームは、ちょっとほんわかした切なくロマンティックなオペラです。

トスカやトゥーランドットとはちょっと趣の異なるオペラだと思いますが、

人気があるんですよね。

 

初演場所

 

ラ・ボエームの初演場所はイタリアのトリノの、テアトロレージョという劇場です。

トリノは、イタリアの中でもミラノ同様、北の方に位置する工業都市で、ミラノの西にあります。

レージョ劇場というと、日本では、あまりなじみが無い名前ではないかと思うのですが

実は歴史は古く、1740年にできています。

ミラノのスカラ座や、フェニーチェ劇場ができるまでは、最高峰のオペラハウスと言っていいほど由緒のある劇場でした。

 

その後、スカラ座ができて、陰に薄れていた時期もありましたが、トスカニーニが音楽監督に就任した時代は、再び老舗オペラハウスとしての威厳が復活したと言います。

そこは、さすがにトスカニーニですよね。

オペラハウスの興亡には、遠くアメリカまでも、ちょいちょいトスカニーニの名前が登場します。

ラ・ボエームの初演の場所、レージョ劇場は、まさにそのトスカニーニが音楽監督をしていた時期でした。

ラ・ボエーム初演の演奏も、おそらく素晴らしかったのではないかと、思います。

 

以前、私の中では、フェニーチェ歌劇場の方が、格上だと思っていたので、

レオンカヴァッロのラ・ボエームの初演場所がフェニーチェ歌劇場で、

プッチーニのラ・ボエームの初演場所が、レージョ劇場だったということは、

プッチーニの人気が、当時はまだまだ無かったからかな、と思ったのですが、

劇場の格としては決してそういうわけでもなかったようです。

 

ラ・ボエーム特徴

 

台本

プッチーニの中でもとりわけ人気のある

  • ラ・ボエーム
  • トスカ
  • 蝶々夫人

ですが、この3つの作品に共通している特徴は、台本を、

ジュゼッペ・ジャコーザルイージ・イッリカの二人が担当しているいうことです。

プッチーニとオペラの台本

ラ・ボエームについては、もともとレオンカヴァッロが台本担当を申し出ていたのですが、

プッチーニはそれを断って、ジャコーザとイッリカに頼んでいます。

 

結果として、このゴールデントリオが生み出したオペラはどれも、素晴らしい作品ばかり。

やはり台本というのは大事なんだなとつくづく思います。

 

もっともレオンカヴァッロも道化師という素晴らしいオペラを残していますから

相性の問題もあったのではないでしょうか。

道化師レオンカヴァッロ

 

レオンカヴァッロのラ・ボエーム

 

プッチーニは、レオンカヴァッロからの台本の申し出を断ったため

レオンカヴァッロは仕方なく自身で、ラ・ボエームの作曲をするのですが、

断っておきながら、プッチーニも同じ題材で、同じ題名のラ・ボエームを作曲し

しかも、レオンカヴァッロよりも先に上演しました。

そのためプッチーニと、レオンカヴァッロの関係は悪くなったと言います。

当然ですよね。

これを見るだけで、プッチーニの性格的な特徴が垣間見得るような気がします。

もともとはこの二人は、マノン・レスコーというプッチーニのオペラの際に

  • プッチーニが作曲
  • レオンカヴァッロが台本担当の一人

という関係で一緒に仕事をしていた関係だったわけですし。

 

とはいえ、人間関係はさておき、

素晴らしい作品を残してくれたことには、感謝感謝です。

 

あらすじと上映時間

 

簡単あらすじ

19世紀中頃、実際にパリに多くいた、芸術家を目指し定職に就かない、若者達の明るく、切ない話のあらすじです。

主役は、詩人のロドルフォと、お針子のミミ

それに、画家や音楽家、哲学家を目指す友人達が加わり、

彼らが集う屋根裏部屋での会話や、カルチェラタンのカフェでの悪ふざけ。

そして、ミミの病を思って、別れる二人。

それでも忘れられず、ロドルフォとみんなの元に戻ってくるものの

ミミは死んでしまう、というあらすじです。

二人の恋愛を軸に、全く性格と考え方の異なる、ムゼッタとマルチェロの恋もあり、

また、お金で彼女達を射止めようとする、男性達を絡めながら進んでいくあらすじです。

 

上映時間

  • 第一幕:約30分
  • 第二幕:約20分
  • 第三幕:約25分
  • 第四幕:約25分

合計で正味2時間弱ですから、

短めのオペラです。

短いけれど、内容的に盛りだくさんで、しかもよくまとまっているので、わかりやすく

また、それぞれの人物の個性が、はっきりとわかるので、それも見やすい理由ではないかと思います。

見どころ

 

涙なしには見られないオペラかもしれません。

第一幕のミミとロドルフォの出会いのシーンと二人の、アリアは、とても有名。

初々しく感じるのは、プッチーニのロマンティックな音楽もさることながら、

宝石のような、歌詞にあると思います。

 

例えば、第一幕、二人の出会いのシーンでのアリアで、ロドルフォは

  • 貧しいけど、愛の言葉はほしいまま、心は王様‥
  • 僕の(心の)宝石箱から宝石を奪ったのは、美しい二つの瞳
  • 代わりに僕の心には希望が入ってきた‥

こんな言葉で歌うのです。

またミミのアリアも

  • 私の好きなものは愛を語る魔力、それは詩。
  • 一人で暮らしているけど、雪解けの季節の太陽は私のために。
  • 四月の(太陽の)最初の口づけは私のもの

というように、まさに美しい詩の様なアリアなのです。

 

アリアというと、時代がもう少し古いアリアは、歌詞は、それほど大したことを歌っていないものが多く、

愛しています、と繰り返し歌う、という様なアリアがたくさんあるんですね。

そんな中で、ラ・ボエームというオペラは、アリアの歌詞が美しいので

聞きどころ、見どころだと思います。

 

また、気の強いムゼッタがラストで見せる優しさなど、基本的に悪人が出てこないので、

切なく悲しいラストですが、全体としてほんわかしたオペラです。

そのくせ、第二幕のカフェでのやりとりは、ちょっとドキドキする面白さもあるので、飽きません。

全体を通して、貧しいながらも、明るさを失わない、若者達の心は、とても響いてくるものがあります。

また第三幕のミミの体を心配するシーンや、

第四幕のミミが亡くなってしまうシーンについては、思わず涙が誘われてしまうでしょう。

そんなところもこのオペラの、人気の理由で見どころだと思います。

 

美しく叙情的な音楽とともに、セリフや歌詞の美しさを楽しみたいオペラで、それが見どころではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です