新国立劇場の行き方とホテルおすすめ

初めて新国立劇場に行く人に、行き方の注意点と

オペラに、泊まりがけで、見に行く、人のために

東京の新国立劇場

の行き方と、おすすめホテルをご紹介したいと思います。

 

オペラの上演場所

 

通常のコンサート会場は、大小含め、どこにでもたくさんあります。

大きいところでは、サントリーホールや、NHKホール、オペラシティホールなど。

また各市町村や区には、区民会館や、市民会館もあり、そこでも、コンサートが上演できますから、

上演場所はとてもたくさんあります。

 

ところがオペラは、通常のコンサートと異なり

どこでも上演できるわけではありません。

オーケストラピットが必要ですから、限られた劇場でしか見られないんですよね。

 

もっとも、オペラも上演形式によっては、

演技を省略する、コンサート形式(演奏会形式)や、

セミステージ形式といって、オーケストラが舞台に上がり、残りのスペースを使って、小規模での舞台を作る上演にする、という形式もあります。

これらの場合は、通常のコンサート会場で、上演できるんですね。

オペラの上演形式(引っ越し公演〜演奏会形式まで)

でも、本来の形式で見るためには、どうしても限られた劇場になってしまうわけです。

 

そのため

びわ湖ホールや、横須賀芸術劇場、などにも素晴らしいオペラ用の劇場がありますが、

有名どころのオペラ公演は、どうしても、オペラ用の劇場があり、

なおかつ、人口が多い、首都圏になってしまうのは仕方がないところだと思います。

特に、海外からの引っ越し公演ともなると、チケット料金も高くなるので、人口が多い地域でないと、なかなか難しいのでしょう。

歌劇場の形式

主要なオペラは、土日の上演が、含まれることが多いので、

地方からも、見に来ることがそれほど難しくはないので、オペラ好きの人は、これぞというオペラは

交通費や、宿泊費がかかるとしても、行きたい、と思うのではないでしょうか。

オペラの席種とチケットの値段

さて、今回は、東京の中でも

主なオペラの上演場所となる、新国立劇場の行き方と、おすすめホテルについてです。

交通の便利さと、上演が終わってからの帰りやすさなどをもとに、書いてみます。

 

オペラ(新国立劇場)行き方

 

新国立劇場の最寄駅は初台

 

新国立劇場の大ホールは、「オペラパレス」といいます。

その最寄駅は、京王新線の「初台」という駅ですね。

新国立劇場への行き方は、初台の駅から直結で、行くことができますから、

駅から、新国立劇場の入り口までは、徒歩で5分程度見ておけばいいでしょう。

ホームを降りると、

  • オペラシティ方面
  • 新国立劇場方面

の表示がありますから、わかりやすいと思います。

 

劇場までの行き方は、表示の通り、新国立劇場の方から出てもいいですし、

オペラシティ方面から出ても、新国立劇場に行くことができますので、

もし間違えて出てしまっても、大丈夫です。

(私は、オペラシティ出口からでた方がお店があるので、好きです)

オペラの食事と休憩時間の過ごし方(新国立劇場)

初台は、京王線の中でも、京王新線と呼ばれる路線の中の駅なので、ちょっと注意が必要です。

 

初台は普通の京王線ではなく、京王新線

 

さて、京王新線というのは、新線新宿ー笹塚までの、4駅間のことをさしています。

とても短い路線なのです。

また、京王線の新宿駅は二つあって

  • 新宿
  • 新線新宿

があるんですね。

この二つの駅は、構内で一応繋がっており、普通の京王線の新宿の改札から入っても、新線新宿(4番線)まで行くことができますが、

意外に離れています。(徒歩10分くらいかかるかも)

新国立劇場がある、初台への行き方としては、必ず新線新宿のホーム(4番線です)まで行かなくてはならず、これが初めてだとちょっとわかりにくいんですよね。

ずっと東京に住んでいても、あまり使わない路線なので、わかりにくいですから。

普通の京王線は、普通電車や、準急、区間急行、特急など

やたらめったら、種類と本数が多いので、どれかに乗れば、初台に行くだろうと思って、

安易に乗ってしまうと、初台には行かないので、要注意なのです。

新宿駅から乗る場合は、4番線を目指しましょう。

 

また、初台は新宿から一つ目なので、新宿で乗り換えればすぐだ、

という気軽な気持ちで行くと、新線新宿’(4番線)まで行くのに、

思ったより時間がかかり、焦る結果になりかねません。

 

新宿乗り換えを避ける

 

そんなことから、私は、新国立劇場への行き方としては、なるべく新宿乗り換えで行かないようにしています。

新宿は、平日も休日も人がとても多いですから、

人混みを避けたいということもあります。

 

京王新線は、都営新宿線が乗り入れていますので、

都営新宿線のどこかの駅から乗って(または乗り換えて)、

初台まで行くようにしています。

都営新宿線には、

  • 新宿三丁目
  • 市ヶ谷
  • 九段下
  • 神保町
  • 小川町
  • 岩本町
  • 馬喰横山
  • 森下

など、他の路線と交差(乗り換えられる)駅が、多くありますから、

これらの駅のどこかから、都営新宿線に乗れば、

新宿で乗り換えることなく、初台に着くことができます。

 

 

オペラ(新国立劇場)おすすめホテル

 

遠方から新国立劇場にオペラを観に来る場合、ホテルに泊まる方もいると思います。

そんな人のために、歩いて帰れるホテルをはじめ、オペラ鑑賞に便利でおすすめのホテルをあげてみたいと思います。

新国立劇場から歩いていけるおすすめホテル

 

新国立劇場のオペラは、夜の公演が多いので、演目によっては10時頃までかかることがあります。

そんな時は、歩いてホテルに帰ることができると、便利ですよね。

新国立劇場の住所は、新宿区西新宿です。

新宿には、とても多くのホテルがあるのですが、新国立劇場は、

新宿の繁華街からは、かなり離れています。

そのため、新宿だからと、安易にホテルを取ってしまうと、実は遠かったり、

歓楽街を通らないと行けないとか、ちょっと怖い地域だったということにもなりかねません。

そこで、私が良いと思うのは、

  1. パークハイアット東京
  2. 京王プレッソイン新宿
  3. 新宿ワシントンホテル

の3つのホテルがおすすめではないかと思います。

1→3の順番で、新国立劇場から近いホテルです。

新宿区といっても、新国立劇場の周辺は、それほど賑やかな場所ではなく、

どちらかというと、静かで、夜遅くなると人通りも減ります。

また、近くに新宿中央公園という、かなり大きな公園があって、公園の近くは、さらに人気がなく、寂しい感じになります。

公園の近くには都庁がそびえ立っていますが、日曜日の夜は都庁もお休み、ということで、驚くほど人が少ないです。

新国立劇場から近いホテルは、他にもいくつかあるのですが、

特に女性が、新国立劇場でオペラが終わった後、遅い時間に、一人で歩くとしたら、

公園伝いの道とか、公演の向こう側まで行かなくてもすむような、立地のホテルが

おすすめで、怖くないのではないかと思います。

上記の3つのホテルは、新国立劇場から近く、公園のそばを横切ることもないので、おすすめだと思います。

 

沿線にある便利で安心なホテル

 

新国立劇場から、歩いて行けなくても、便利なホテルはあります。

新国立劇場は、初台の駅にすぐに行けますので、

都営新宿線、沿線のホテルであれば、特に、徒歩圏内のホテルを選ばなくても十分便利だと思います。

  • 新宿三丁目駅・・東急ステイ新宿ホテル
  • 市ヶ谷駅・・・アルカディア市ヶ谷私学会館

 

せっかくだから、新宿で、翌日買い物もしたい、新宿の街も探索したいということであれば、

都営新宿線の沿線で、新宿から一つ目の、新宿三丁目駅からすぐの、東急ステイ新宿ホテルも、便利でおすすめだと思います。

新宿三丁目駅周辺は、飲むところより、買い物エリアという感じで、歌舞伎町のような歓楽街とは違いますから、安心ですし、

新宿駅まで歩いていけます。

オペラの翌日、新宿で遊びたい、という人にはおすすめではないかと思います。

 

また、都営新宿線沿線の市ヶ谷駅は、新国立劇場がある、初台から4つ目の駅で、とても静かで安心な街です。

その代わり、ショッピングをしようと思うなら、どこかに出た方がいいかもしれません。

市ヶ谷にはあまりホテルはないのですが、アルカディア私学会館は、大きなホテルではありませんが、市ヶ谷の駅から近くて、便利なので、おすすめです。

市ヶ谷はJR・有楽町線、南北線とも交差していますから、どこかへ出るのも、問題なく、

行きやすいと思います。

桜の時期なら、桜が見られて、人があまり混まない、市ヶ谷が、おすすめですね。

オペラ・座席の取り方おすすめ(新国立劇場)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です