オペラのパンフレットはここを見る!上手な見方、選び方

どんなオペラ公演があるのか、いつどこであるのか

オペラの探し方は、人それぞれだと思いますが、オペラのパンフレットを見て決めるという人も、多いのではないでしょうか。

今回は、オペラのパンフレットの見方と選び方についてです。

私の場合、どんなオペラ公演があるのか、

なるべく多くの情報を得たいと思い、

いろいろな方法でパンフレットをもらっていましたが、

結局落ち着いたところは、オペラを見に行った際に、入り口でパンフレットの束をもらうという方法。

それが一番合うのではないか、と思っています。

 

パンフレットをもらう方法

 

オペラのパンフレットは、どうやってもらうのか、というと、その方法は

  • 劇場や公的施設に置いてあるパンフレットをもらってくる方法
  • 知り合いからパンフレットをもらうという方法
  • 郵送でパンフレットが送られてくるという方法
  • オペラやコンサートに行った際に、入り口で、配られるパンフレットをもらうという方法

だいたいこのような方法のパターン、ではないでしょうか。

 

劇場や、公的施設に置いてあるパンフレット

 

上野の東京文化会館に入ると、とても多くのパンフレットが置いてあり、誰でも自由にもらうことができます。

そのパンフレットのほとんどは、東京文化会館の大ホールや、小ホールでのコンサートや、オペラのパンフレットです。

また初台の新国立劇場も、入り口入ったすぐに、今後の公演のパンフレットが置いてありますし、

サントリーホールも、同様に、コンサートや、演奏会形式のオペラのパンフレットが入り口近くに、おいてあり、誰でももらうことができます。

このように、劇場に行くと、必ずパンフレットが置いてあります。

オペラの食事と休憩時間の過ごし方(新国立劇場)

また、区民会館や、区民劇場などの、公的施設にも、たいていパンフレットを置く場所がありますので、目に止まることがあると思います。

中には、住民票を取りに行ったら、区役所にパンフレットが置いてあったとか、

区役所の出張所のような公的施設にも、パンフレットが置いてあることがありますよね。

 

これらの、パンフレットの特徴は、

その公演が、何かしら、置いてある場所に関係のある公演だということです。

劇場の場合は、その劇場で行われる公演ですし、

 

公的施設に置いてある場合は、区の劇場など、区の公的施設で行わる公演か、

または、区が主催している公演であるとか、

区が援助している公演であるなど、

何かしら、置いてある場所と、関連がある公演がほとんどです。

そのため、全ての公演を網羅することには、ならないんですね。

ただ、地元の公的施設に置いてあるパンフレットは、自分が住んでいる近くで行われることが多いので、

気に入ったオペラがあるのなら、行きやすいと思います。

 

知り合いからもらうパンフレット

 

オペラの場合、知り合いから誘われて行くことにした、ということもよくあるのではないでしょうか。

そんな時は、知り合いからパンフレットをもらって、検討する、選ぶことになりますよね。

 

また、知り合いがオペラに出ているから、とか、知り合いの知り合いが出ているから、

よかったら観に来てくれない?

と誘われることも、意外に多いのではないかと思います。

特に、小規模のオペラ公演の場合、

口コミとか、知り合いを中心にパンフレットを配るということは、多いと思います。

 

郵送で送られてくるパンフレット

 

郵送でオペラのパンフレットが送られてくるということも、よくあります。

二期会や、新国立劇場などの会員になっている場合、がそうです。

また、かつてチケットを購入したことがある人、

電話で、住所と氏名を伝えて送ってもらったとか

ファックスで申し込んだとか、インターネットで申し込んだなど

何かしら、これまでに購入したことがあると、その後パンフレットが送られてくる、という場合もあると思います。

 

その他、オペラやコンサートに行った際に、アンケートを記入したので、パンフレットが送られてくるようになったというケースもあります。

アンケートには、今後パンフレットが欲しいですか?と問いがある場合もありますね。

観に行った公演が楽しければ、またパンフレットを送ってもらいたいと思う人もいるでしょう。

この場合、その時主催した、団体の、オペラ公演のパンフレットやになると思います。

この様に、送られてくるパンフレットは便利ですが、主催している団体が関わっている公演のパンフレットなので、

時には、興味が無いパンフレットばかり、ということもあります。

でも情報の一つとして、便利ではあると思います。

特に、小規模のオペラ公演は、見逃しがちになります。

 

そのため、小規模のオペラ公演の場合は、気に入ったのであれば、

つながりを大事にしておくのがよいでしょう。

パンフレットを送ってもらうように、アンケートに記入するなどしておいたほうがいいかもしれません。

オペラの公演形式

 

オペラに行った際に入り口で配られるパンフレット

 

オペラに行くと、必ずと言っていいほど、入り口で、パンフレットの束が配られています。

私の場合、結局のところ行き着いたのは、この入り口で配られるパンフレットです。

 

このパンフレットは、たくさんの束でもらう時もあれば、薄い束の時もあります。

小さな規模のオペラの場合は、少なめの束で、

東京文化会館や、新国立劇場でもらうのは、かなり分厚いパンフレットの束です。

 

このパンフレットの束は、もらってももらわなくても自由なので、中には、重いし、面倒だし、と

もらわない人も多いかと思いますが、私は必ずもらうようにしています。

入り口で配っているパンフレットは、

  • オペラ公演の場合は、主にオペラとバレエのパンフレット
  • オーケストラのコンサートの場合は、オーケストラや、リサイタルが主で、オペラはほんの少し
  • 小規模のオペラ公演の場合は、パンフレットを配っていないか、配っても小規模の公演のパンフレット

 

というように、配っているパンフレットは、その時の公演に来ている人たちが好みそうなパンフレットが入っています。

オペラ公演の場合はオペラが中心のパンフレット、

オーケストラ公演場合は、オーケストラが中心のパンフレット

というわけですね。

 

そして規模についても、大きな規模の公演の場合は、配られるパンフレットも大きな規模の公演が中心です。

これは、価格帯にも現れていて、高額のオペラに行くと、比較的高額のオペラのパンフレットや、

バレエのパンフレット、そして、有名どころのオペラ歌手のリサイタルのパンフレットが多く入っています。

 

小規模で値段も安めのオペラの場合は、

もらうパンフレットも、規模も価格帯も似たようなパンフレットが多くなっています。

 

このように、入り口で配っているパンフレットは、劇場に足を運ぶ人の、好みに合ったパンフレットが多く入っていることが多いので、

私の場合は、劇場でもらうパンフレットを、必ずもらって、中身をチェックすることにしています。

 

 

パンフレットの見方

 

オペラのパンフレットは、どれも趣向をこらして作られていますよね。

では、パンフレットのどこを見るかです。

もちろんその人それぞれだとは思いますが、

私の場合は

  1. 演目
  2. 場所
  3. 日時
  4. どこが主催の公演か、引っ越し公演か
  5. 誰が出るか(オペラ歌手)
  6. 価格

 

演目

もっとも気になるのは、やはり1の演目です。

自分の好きなオペラの演目かどうかも、もちろん気になるのですが、

私の場合は、観たことがない演目のオペラを観たいということも、同じくらい大きいです。

 

オペラは、上演機会が少ない演目が、たくさんありますから、

観たことがないオペラのパンフレットを、見つけた時はとても嬉しいですね。

 

場所

2の場所については、私の場合、演目に次いで重要かもしれません。

遠い場所だと行きたくてもいけません。

オペラは時間も長いので、やはり行くのが大変です。

そのため、場所がどこかというのは、気になりますね。

 

日時

3の日時についてですが、パンフレットを見る時には、実はあまり気にしません。

オペラのチケットは、かなり前に売り出されますから、そんなに先まで用事が詰まっていることは、ほとんどないので、

パンフレットを見る際はあまり気にしないんですね。

実際に、インターネット等で購入する際に、改めてどの日の公演に行こうかなと見る感じです。

以前は最後の公演(千秋楽)を狙って行ったりしていましたが、

最近は、初日も面白いと思いますし、あまり、それは気にせず、自分の都合と合う日時の時を選ぶようにしています。

 

どこの主催か、引っ越し公演か

 

4のどこが主催か、引っ越し公演かについてもパンフレットを見ます。

藤原歌劇団の公演なのか、二期会主催の公演なのか、新国立劇場主催の公演なのか

または、NBS主催の、海外からの引っ越し公演なのかなど。

二期会の有志による、小規模なオペラ公演などもありますから、

だいたいどんな規模で、どんな団体が主催なのかも一応見ますね。

オペラの上演形式

 

 

誰が出るか(オペラ歌手)

 

好きなオペラ歌手が出る場合は、やはり見逃せないですよね。

日本は、かなり有名どころの歌手も呼んだりしていますので、

パンフレットで、主要キャストの名前は確認します。

でも、知っている歌手が出ていなくても、私の場合は、気にならないほうで、

むしろ、知らない歌手だったけど素晴らしい歌手に巡り会う楽しさが好きですね。

ヘルデンテノールと歴代の歌手

 

価格

価格はやはり大事ですよね。

2018年秋のローマ歌劇場の様に、

S席54000円

と言う様な、とても高価格のオペラもあります。

懐事情もありますから、価格は大事。

54000円は行けないけど、安い席もあるから、頑張ってチケットを取ろうかな、

ということもあります。

 

また、パンフレットの価格は、そのほかにもいろんなことを教えてくれます

価格が高い時は、引っ越し公演なんだなとか

引っ越し公演なのに、意外に安い時は、あまり有名どころの歌劇場ではないのかなとか、

歌手が無名なのかもしれないとか

よく見ると、コンサート形式だったり(演奏会形式)

ちゃんとしたオペラホールではないところで、セミステージ形式でやるんだな、など

価格からいろんなものが見えてくるので、必ずパンフレットで価格を見ますね。

オペラの上演形式

パンフレットとオペラの選び方

 

ではパンフレットを見て、どうやって行くか行かないかを選ぶか、というと

私の場合は

  • 好きな演目かどうか
  • 見たことがないオペラ

がやはり一番、大きいですね。

見たい演目であれば、形式や、歌手、どこのオーケストラか、はあまり気にしないことにしています。

細かいことを気にしていたら、次にいつ見られるかわからないのがオペラだと思うんですね。

私の場合は、オペラの休憩時間に、入り口でもらったパンフレットを吟味して、

いらないパンフレットはその場で捨ててきます。(ちゃんと捨てるところを用意してくれている劇場も多いです)

全部持って帰って、ゆっくり見るのも良いと思います。(重いけど‥)

私にとっては、オペラのパンフレットを見ることは、とても楽しいことの一つになっていますね。

オペラの食事と休憩時間の過ごし方(新国立劇場)

オペラ公演2018ー2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です