ビゼー・カルメンの魅力・知っている旋律が盛りだくさん!だから楽しい

世界でもっとも有名なオペラは

ビゼー作曲のカルメンではないでしょうか。

ストーリーがおもしろく、躍動的な旋律、知っている旋律がたくさん登場する楽しいオペラです。

結末はホセがカルメンを刺すという暗いストーリーのですが、なぜか元気をもらえるオペラだと思います。

今回はオペラ・カルメンの魅力についてです。

 

カルメンのあらすじ・成立・上演時間

 

簡単あらすじ

 

まじめでうぶなドン・ホセは、カルメンに色目を使われて、夢中になります。

囚われたカルメンを逃してしまい、カルメンの仲間となり徐々に身を持ち崩していきます。

悪い仲間に入っちゃうんですね。

ところが、カルメンは性悪女なので、ホセにすぐに飽きて捨ててしまいます。

ホセは「なんで僕の方を向かないんだ!」とストーカーのようになり、カルメンを刺し殺してしまう、

という、現代ならストーカー事件そのもののようなあらすじです。

 

時代の設定は異なっても実際にありそうなストーリーであることも魅力の一つです。

 

 

ホセは純情まじめで、一途な兵隊

一方カルメンはあばずれだけど魅力がある女

そんなキャラクターです。

唯一ホセを心配する純情なミカエラという女性の存在が救いですが、ホセは彼女の心配も一蹴してしまうほどカルメンに惹かれてしまっています。

性格が悪いけどなぜかモテる女性って今もちょいちょいまわりにいませんか。

カルメンという女性はそんな感じです。

 

カルメンの成立

作品の成立はビゼーが亡くなる年36歳の時です。

ビゼーは若くして亡くなっているんですね。

  • 初演:1875年
  • 原語:フランス語
  • 初演場所:パリのオペラ・コミック座

 

初演の評価はいまいちで、その理由の一つは初演場所のオペラ・コミック座

当時はお見合いの場にも使われるような明るい催しが中心の場所であったこと。

明るいコミカルな演劇がもっとうの劇場なのに話が暗すぎるというわけでした。

確かに刺し殺してしまうので暗い話‥。

 

でも、実際には初演から3ヶ月で30回以上の公演をしていますから、

平均すると三日に一回はやっていたわけです。

 

話が暗くてもなんでも、このオペラの魅力に、

当時の人がカルメンの魅力がわからないわけはないと思います。

 

 

ビゼー自身は、初演からたった3ヶ月で亡くなっているので、

現在のカルメンの世界的な人気度を知る由もなく、

そんなところは、画家のゴッホを思い浮かべてしまいます。

 

 

それにしてもオペラ・コミックがお見合いの場でもあるとは。

今ならお見合いで一緒に映画を見にいく

というような感覚だったのでしょう。

同じオペラをみて、感想を語り合って意気投合?

確かにそんなお見合いもありかもしれない‥。

 

カルメンの上演時間

 

カルメンは聴きやすく魅力があるので、あまり上演時間の長さが気になりませんが、

実は上演時間は短くはないんですよね。4幕ありますし。

  • 1幕・・55分
  • 2幕・・45分
  • 3幕・・40分
  • 4幕・・20分

合計で2時間40分休憩が3回はいるので、合計で4時間弱になります。

通常は休憩が3回なのですが、

3幕と4幕を合わせて3幕の1場、2場として、休憩を2回にする場合もあります。

 

これについては、主催者側の都合や見る方も長すぎると大変といういろんな事情があると思いますが、

3幕と4幕は場面設定が全く違うこと

ホセが一旦郷里に戻るので、時の流れもあるんですね。

そのため、3幕と4幕が休憩なくすぐに続いてしまうと、

私などはあれ?もう実家から戻ってきたの?という若干の違和感を感じてしまう‥。ま、早く帰りたいのもあるけど。

 

オペラカルメンの解説と魅力

 

カルメンの解説

 

ビゼーのカルメンは前奏曲から魅力たっぷり

ジャンジャカジャカジャカ・・で始まる、闘牛の勇ましい音楽のインパクトがとても強いです。

オペラに興味が無くてもほとんどの人がこの部分は知っているのではないでしょうか。

でも実は、ビゼーははかなくて美しい旋律も得意としているんですね。

 

かなり前ですがNHKのみんなのうたで「小さな木の実」という歌があったのを覚えている方もいると思います。

小さな 手のひらに一つ

古ぼけた木の実 握りしめ・・

 

という歌詞です。

これはビゼーのオペラ「美しきパースの娘」の中の曲に歌詞をつけたものです。

 

カルメンより先に、この小さな木の実でビゼーの曲には接していた

という人も多いんじゃないかと思います。

 

ビゼーはわずか36歳で亡くなってしまいますが、

カルメン前奏曲のような勇壮な曲から、小さな木の実のような静かで美しい曲、またハバネラのような民族音楽っぽい曲など

本当に多彩な魅力あふれる音楽を創り出す作曲家だと思います。

もっと生きていたら、素晴らしいオペラがもっとたくさん残っていただろうにと残念な気がします。

 

さて、オペラ・カルメンはもともとセリフあり、アリアありオペラ・コミック形式で書かれていましたが、

亡くなってから、セリフの部分を→レチタティーヴォに変えて上演してから

ものすごく人気が出ました。

 

現在では通常レチタティーヴォが上演されていますが、

たまにセリフによるオペラ・コミック版も上演されています。

カルメンの上演の際はどちらなのか、そこにもちょっと注目するといいかもです。

 

カルメンの魅力

 

カルメンの魅力は何と言っても躍動的な音楽、旋律

そしてストーリー展開の速さは台本の良さもあるじゃないかと思います。

音楽については誰もが知っている旋律が、これほど多く含まれているオペラは他にありません。

実は合唱も男性合唱、女性合唱、混声合唱がちゃんと全部入っていて効果的に考えられていると思うんですよね。

聞き覚えのある曲が次々に聴こえてくるので、楽しく魅力的。

台本にはフランスの劇作家メイヤックという人がかかわっていますが、

この人はカルメンをはじめオッフェンバックのオペレッタ、さらにレハールのメリーウィドウなどを書いた人で

オペレッタの台本でよく登場する人です。

 

カルメンははじめて見るオペラとしてとてもおすすめですね。

はじめてのオペラの選び方

 

以下は各幕ごとの魅力と聴きどころです。

前奏曲・・出だしからインパクトが強い曲。

魅力的な前奏曲には劇中に流れる様々な旋律が凝縮されていて、物語の流れ連想させてくれます。

1幕・・カルメンが登場してまず歌う「ハバネラ・恋は野の鳥」

 

カルメンがホセに色目使う時に歌う「セキディーリア・セビリアの砦の近くに」

そのほか、1幕で子供達が歌う合唱もとても可愛らしく耳に残る曲です。

2幕・ジプシー達が歌う「響きも鋭く」、異国情緒たっぷりの魅力的な曲です。

 

闘牛士エスカミーリョが歌う「闘牛士の歌・諸君の乾杯を喜んで受けよう」

      このオペラの花形アリアですね。もっとも魅力があるアリアかもしれません。

ホセがカルメンに切々と歌う「花の歌」

3幕・・カルメンと密輸仲間がカルタをしながら歌う「カルタの歌」

 

純真なミカエラが祈り歌う「何も恐れるものはない」

4幕・・冒頭の間奏曲「アラゴネーズ」はスペイン情緒たっぷりの華麗な曲で、オーボエの旋律が印象的

4幕は短く、ホセがカルメンに詰め寄って殺してしまうシーンで、ストーリーが魅力です。

 

タイトルロールのカルメンは通常メゾソプラノが歌いますが、ソプラノが担当する時もあります。

色気と美貌と悪女の雰囲気がある魅力あふれるオーラのある歌手がいいですね。

 

カルメンに激しい踊りは無いものの、踊りながら歌うシーンはあるので、

欲を言えば多少踊りもできるといいなとこれは私の個人的な意見ですが。

 

ホセはちょっと影のある情熱的な声がいいかと。明るくスパーンと抜ける声よりも、

暗めで少し粘着質な声が良い気がします(これも私の勝手な意見)。

 

エスカミーりょは見た目も声もひたすらかっこよく。背も高く太い声がいいですね。

闘牛士の歌はかっこいいですから。

というか、カルメンで一番かっこいいのはやはりエスカミーリョだと思います。

ホセがカルメンを殺してしまうことも知らないまま、いいとこ取りの役という感じです。

 

ミカエラは純情な見た目と、ふくよかな声のソプラノ

そんなイメージですね。

やっぱりカルメンは何度見ても飽きないオペラです。

 

※今後のカルメン公演情報

2019年10月19日、20日神奈川県民ホール「カルメン」(その他の地域もあり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です