オルフェオ(モンテヴェルディのオペラ)

モンテヴェルディは、オペラの歴史の中では、最も古い部類の人です。

椿姫などを作曲したヴェルディと、名前が似ていますが、

モンテヴェルディと、ヴェルディでは、時代が約250年も異なり

イタリアオペラの世界は、これほどまでに、と思うほど、変化しています。

 

上演時間とあらすじ

 

初演と上演時間

  • 作曲:モンテヴェルディ
  • 初演:1607年
  • 場所:マントヴァ邸

 

<上演時間>

  • プロローグ:約10分
  • 第一幕:約20分
  • 第二幕:約20分
  • 第三幕:約25分
  • 第四幕:約15分
  • 第五幕:約15分

2時間程度のオペラです。

オルフェオは、第五幕まであるので、幕の多さだけ見ると、まるでフランスのグランドオペラのようですが、

一幕が20分程度と短く、実際に上演する際も、

一幕ごとに休憩をはさむことは、通常はしない、と思います。

第三幕の、三途の川のシーンだけは、場面もちょっと特異で、緊迫するシーンですが、

それ以外の、たとえば第一幕・第二幕などは、時代が新しいオペラなら、一場・二場となるところかなと感じます。

 

あらすじ

 

あらすじは、ギリシャ神話、オルフェウスの伝説から来ています。

オルフェオとエウリディーチェは結婚して幸せだったのですが、

エウリディーチェは、毒蛇に噛まれて死んでしまいます。

絶望するオルフェオは、黄泉の国へエウリディーチェを連れ戻しに行きます。

三途の川には番人がいますが、無事にそこを渡ったオルフェオは、エウリディーチェを取り戻すことができます。

ただ、元の国にたどり着くまでは、決してエウリディーチェの方を振り返ってはいけないという、約束だったのですが、

たまらず振り返ってしまったため、エウリディーチェは、再びいなくなってしまいます。

最後はアポロンが出てきて、オルフェオとともに昇天していくというあらすじ。

 

グルックのオルフェオとエウリディーチェと、あらすじは同じですが、

ハッピーエンドのグルックのオペラとは、結末がちょっと違います。

 

また、オッフェンバックの天国と地獄もあらすじは同じですが、

こちらは、風刺のきいたオペレッタ版、

どれも、趣が違っていておもしろいです。

オペレッタおすすめ作品

 

 

初期のオペラ

バロック音楽

古い音楽というと、バロックという言葉が浮かばないでしょうか。

バロック音楽で有名な作曲家にはバッハやがいますが

バッハは、1685年の生まれ、つまり17世紀の生まれです

バロックオペラではヘンデルなどが有名ですね。

 

バロック音楽というのは通常、

17世紀初め~18世紀半ばの時代を指しますから、まさにバッハとヘンデルは、バロック時代の人なわけです。

 

ところがこのオルフェオを作曲した、モンテヴェルディという人は、さらに古く

1567年、つまり16世紀の生まれなのです。

では、バロック以前の音楽って何なんだろう、と思ってしまいます。

 

ルネサンス

 

そこで出てくるのがルネサンスという言葉。

ルネサンスは14世紀にイタリアから始まった、文化運動です。

では、音楽におけるルネサンスって何だったんだろう、と思うのです。

ルネサンス音楽は、ヨーロッパにおいて、15世紀から16世紀ルネサンス期に作られた音楽の総称である。中世西洋音楽バロック音楽の中間に位置し、その中心をなすのは、ポリフォニーによる声楽、とくに、宗教曲である。

(ウィキペディアより)

わかったようなわからないような、言葉ですが、

言えることは、モンテヴェルディが活動した時期は、16世紀~17世紀にかけてなので、

ちょうどルネサンス音楽と、バロック音楽の狭間の時期だということです。

 

初期のオペラ

モンテヴェルディのオペラ・オルフェオを見ると、

一言でいうと、「歌うように語る」という言葉が浮かびます。

教会のミサ曲のような宗教曲を感じる場面も、かなりあるので、そこはルネサンス風。

初期のオペラは、ほとんど語りの歌、で進行していきます。

後のヘンデルはバロックオペラを多く作曲していますが、

ヘンデルのバロックオペラと比べると、楽器の音色は似ているけれどオペラとしては別物です。

モンテヴェルディのオペラは、

アリアらしいものはあるけれど、はっきり分かれておらず、歌いながら語っていくので、

すべての歌の言葉を、よく耳を澄まして、聞いていないと筋がわからなくなります。

それに対して、バロックのオペラは、レチタティーヴォとアリアに分かれていて、

アリアは感情だけを表現しているので、ストーリーの進行とはあまり関係なく

なんなら、アリアの時は、字幕も見なくても大丈夫なのです。

話の進行はレチタティーヴォなので、レチタティーヴォの字幕さえ見ていれば、あらすじはわかるところが、モンテヴェルディの頃の初期のオペラとは異なっています。

初期のオペラは、朗誦という言葉の方が、合っているかもしれません。

教会では、古い時代から、音楽を入れた劇のようなものをやっていたことは、カストラートの出現を見ても、わかるのですが、

それを、単体で独立させて、披露するということが、オペラの初期の形だったのかもしれません。

カストラートとカウンターテナー

オルフェオの初演の場所も、劇場ではなく、マントヴァ邸となっています。

初期のオペラは、きちんとしたオペラ劇場などまだなく、

また、大きな劇場でやるような、大掛かりなオペラではなかったのでしょう。

 

ちなみに、マントヴァはイタリア、ヴェネチアの少し西の街です。

余談ですが、オペラ「リゴレット」には、マントヴァ公爵という、ちょっとしょうもない人物が出てきていますね。

リゴレットの魅力

250年後のオペラとの違い

 

現在世界中のオペラハウスでは、ヴェルディやプッチーニのオペラがとても人気があります。

モンテヴェルディと、名前が似ているヴェルディは1813年生まれなので、モンテヴェルディより約250年後に生まれていて、

プッチーニになるとさらに後で、300年近く後のことになるのです。

オペラにあまり親しみの無い人にとっては、オペラは全部同じようなものに感じているかもしれませんが、

同じオペラでも、初期のモンテヴェルディのオペラと、プッチーニのオペラを比べると、そのあまりの違いに、

そもそもオペラの定義って何だっけ?と思ってしまうのです。

オペラとは、簡単に言うと、「歌と劇による舞台」という、大きな括りなのですが、

ではミュージカルは?とかオペレッタは?という疑問が出てくるかもしれません。

系譜として、枝分かれしていきますし、国によって発展の仕方も違うので当然なのですが、

元をたどるっていくと、モンテヴェルディのオペラが、原形の一つだったということなのだと思います。

 

オペラの250年の違いをみると、まず管弦楽が違います。

そもそも楽器も発達しているので、古楽器を使うと同じような楽器でも音色が違うのですが、

それよりも、初期のオペラは圧倒的に楽器が少ないのです。

種類も少なければ人数も少ない。だから、音がとても静かです。

プッチーニの頃だと、そのままシンフォニーができるような大掛かりな楽器編成で、人数も多いのですが

モンテヴェルディの頃のオペラは、

静かな音と、ほんわかした音色

初期のオペラの管弦楽は、はあくまで、歌の伴奏という感じです。

 

それでも、オルフェオの3幕の三途の川とか、4幕のシーンなどはかなり緊迫した雰囲気がでているので、

当時としては画期的だったのだと思います。

 

そしてテンポのこと。

緩急自在に揺れ動く、新しい時代のオペラと違い

オルフェオが、比較的同じようなテンポで進んでいくのは、やはり朗誦中心だからでしょう。

早口になったり、ゆっくり喋ったりしたら、聞き取りにくいですね。

 

そして強弱、初期のオペラは強弱がまだまだそれほどありません

淡々と邪魔にならないように、奏でる楽器たちという感じです。

それでも逆に言うと今から約400年も前に、ここまでオペラらしいものができていたと言えば、そうなのかもしれません。

全体にはオルフェオは、教会音楽、宗教音楽という感じがかなり強い、そんな印象でした。

 

ヴェルディやプッチーニのアリアは、劇的で情熱的、かつ技術的にも難しいと思いますが、

オルフェオについては、管弦楽が静かな分、歌が、とても目立つので

それはそれでかなり大変だと思います。

場面によっては一人でずーっと歌っている感じです。

特にオルフェオ役は大変ですね。

 

 

見どころ

 

ワーグナーや、ヴェルディのオペラを想像して、オルフェオを見ると、まったく違うので、

物足らなく思ってしまうかもしれません。

オルフェオは、もっとも初期の頃のオペラである、

ワーグナーやヴェルディとは、時代も形式も、全く違うものとして、

観劇することが大事だと思います。

最初のオペラはこんな感じだったんだなあ、という意識でしょうか。

 

最初にプロローグがあり、一人登場して、これから始まる物語について語ります。

これを見ても、音楽としてよりも、語りとしての位置づけが強いのがわかるように思います。

また、歌い方が独特で、半音上の装飾音が出だしについているような歌い方をしますので、バロックにはないものがあり、見どころの一つです。

レチタティーヴォとアリアがはっきりしていないので、どうしても

かなり字幕にかじりついてしまうかもしれませんが、

オルフェオは、わかりやすいストーリーなので、あらかじめ頭に入れておくとよいと思います。

合唱や、重唱はほぼ、同じ旋律を歌っていますが、

一部、それぞれのパートがあるな、と感じる部分もあります。

これがルネサンスの名残りなのではないかと思うのですが、

オルフェオには、ルネサンス時代の音楽と、その後のバロック音楽が混ざっているのがわかりますから、そこらへんも、見どころ聞きどころでしょう。

 

そして、オルフェオの一番の見どころはやはり、第三幕の三途の川のシーンと、

第四幕の振り向いてしまうところだとおもいます。

三途の川の部分は、どんな演出にするかも見どころですが、

いずれにしても、番人カロンテも、黄泉の国の王様も、妃も皆

おどろおどろしていないところが、良いかもしれません。

 

第三幕の三途の川のシーンで、オルフェオが歌う歌は、

切々としたものが伝わってくるしみじみとした牧歌的な歌で、見どころ、聞きどころです。

またこの幕は、ほぼほぼオルフェオが歌い続けているので、非常に大変なところだと思います。

オルフェオの頑張りどころで、そこが見どころですね。

 

演出によるとは思いますが、バレエもあると思いますので、どんな踊りが見られるかも、見どころです。

 

モンテヴェルディは、ヴェネチアのサン・マルコ寺院の楽長になった人です。

あの巨大な寺院で、今から400年ほど前に、いったい日々どんな音楽を奏でられていたのかと思うと、

歴史が、近いような遠いような、不思議な気持ちになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です